So-net無料ブログ作成
検索選択

DPC新係数は「病院の機能を評価」―厚労省医療課主査(医療介護CBニュース)

 厚生労働省保険医療課の丸山慧主査は5月22日、国際疾病分類学会の学術大会で講演し、今年度の診療報酬改定で導入された新たな機能評価係数について、「DPC対象病院の機能を評価するものだ」と改めて強調した。

 講演で丸山氏は、「7対1」や「10対1」入院基本料、「診療録管理体制加算」などの算定を評価する従来の機能評価係数について、「人件費など施設の固定費を見ている」と説明。一方で、新係数については「DPC対象病院(の機能)はすべて一緒ではないという考え方がベースになっている」と述べ、対象病院の機能を評価する狙いを強調した。

 DPC対象病院の現行の調整係数が今年度から段階的に廃止されるのに伴い、4月に実施された報酬改定では、調整係数による上積み分の4分の1が、「地域医療指数」「データ提出指数」「効率性指数」「複雑性指数」「カバー率指数」「救急医療係数」の6項目の新係数に置き換わった。

 このうち「地域医療指数」については、各病院の4月1日現在の状況を集計した上で、8月から評価に反映することになっており、丸山氏は「集計を今まさに進めているところだ」と述べた。地域医療指数は8月1日付で施行され、厚労省はこれに伴う各病院の調整係数などを改めて告示する。


【関連記事】
卵巣がん関連の診断群5分類を出来高に―DPC分科会
患者住所の郵便番号など新たに収集へ―今年度のDPC調査
DPC病院拡大で後発品売上高が20%増加―日本ケミファ
DPC影響評価の調査「様式1」見直し、意見まとまらず
卵巣がん患者会からドラッグ・ラグ問題でヒアリング―薬害再発防止検討委

iPad発売 日本では魅力半減? 映画もテレビ番組も購入できず(産経新聞)
派閥解消訴え新グループ=自民(時事通信)
あかつき打ち上げ 地球の姉妹星探る 大気成分、風向きなど明らかに(産経新聞)
大阪市職員、母と万引き“連携プレー”発覚逮捕(読売新聞)
貿易収支、7423億円の黒字=13カ月連続―4月(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。